エコを運ぶ

みなと運送は、鹿島で生まれ、育まれてきました。
私たちが創業以来考えつづけてきたのは「運ぶ」ということの可能性です。

20世紀。
世界は物質的な発展を遂げ、人々の生活は急激に豊かになりました。
その中でロジスティクスは欠かせない機能となり、私たちは様々な分野で「運ぶ」という役割を担ってきました。

21世紀。
人間が地球にかけてきた負荷は限界に近づいています。
地球環境の再生に貢献するロジスティクスとは何か。私たちは、再び自らの役割を問い直しました。
「運ぶ」という機能を環境保護にシフトし、社会のエコロジー・システムの一端をしっかりと担うこと。
これが私たちの見出した新しい存在意義です。

「運ぶ」ことで一人ひとりの生活を豊かにする。
絶えず追求してきたこの姿勢とともに、視野を地球規模に拡げ、私たちは新たな可能性を追求していきます。

『エコを運ぶ』…。これは、鹿島から世界へ発信するみなと運送の約束です。